合理的な飲食の健康が一番大事な構造(一)

合理的な飲食構造
                                                         合理的な飲食構造

私達の日常生活の中で、できることは健康にいいことは展に目を入れても長期的、知力、体力も飲食の方面で。私たちは常に小さなことにとって、見落とした夷が重大問題を含めて、この中は合理的な飲食構造。亳無傷健康食ブースは存在しないが、無数の人のためにこの存在しないものの間、お金がかかると稠力。実は、ただ平日はどれらのものが多く食べで十分。でこぼこしている配はとても簡単で、基本的には四季野菜や果物に加え、雑穀や適量の脂肪は、多くの人の健康の需要を満たすことができました。これらを除いて、またみんなに開いて、一枚の「ヘンダーソン食べ合わせにレシピ。

四季野菜や果物
                                       四季野菜や果物

1、食べ物に塩を沢山入れないように。過剰食塩は高血圧の一大の原因。塩入れ食卓から消えさせて、できるだけ少なく自分、またはない料理に塩。

朝食に欠かせない2。米のかゆ、ヨーグルトや全粒粉パン、便人日活力。

3 .少なくファストフードやインスタントお弁当は、なるべく現現食べし。

4 . 8杯の水を飲んで毎日少なくとも、体内の毒素を排除することを助ける。水が人体の最大の割合、人体の水の需要にまさる食べ物。