老人は朝食三宜三不適

老人は朝食三宜三不適
一、宜遅れない宜早、老人の朝食には8時半から9時ぐらいが適当。
二、宜ソフトは硬くて、高齢者の朝食を食べなければならなくて、柔らかくて温かい消化の食品、例えばいくらか蓮子、赤いナツメ、山芋、リュウガンと欧仁など健康食品は、効果。
三、少ないは多くて、胃腸の消化能力を超えて食べ過ぎ、食品は消化吸収されて、そのうちに、消化機能が低下し、胃腸の機能障害による胃腸の疾病の発生。

ヨーグルトを飲む時に注意する必要がある
ヨーグルトを飲む時に注意する必要がある

ヨーグルトを飲む時に注意する必要がある。
ヨーグルトもヨーグルトというが、それは新鮮ミルク乳酸菌発酵を経て作ったのは、色、甘酸っぱい食味乳白色、すがすがしい香りが心地良いなどの特徴。酸牛乳屋は延命索Cを含んで、栄養価の高いよりも新鮮な牛乳を殘しただけでなく、新鮮な牛乳の中には蛋白質、脂肪、砂糖などの栄養の成分に、また刺激胃酸の分泌を促進し、人体の新陳代謝を栄養物質が人体に吸収されやすい。ヨーグルトの病気も特殊効果、それに有効な治療消化不良で、腹部膨満や、不適切な食事による下痢。よく飲むヨーグルトが腸内酸度上昇を抑え、病原体で繁殖し、タンパク質の発酵防止が減って、腸内産ガスと促進、脂肪と蛋白質の体内の糖代謝、持ってコレステロール血を下げることを、酸化防止作用。
飲むヨーグルトに注意しないでは何時:煮沸します;2は空腹を飲むない;3は薬物と同時に服用しないで。また、一時は飲めない酸牛乳に置くべきです2℃の低温で、変質しないように失効。

高齢者食事の十大注意(二)

毎日塩を6~8グラム食べすべき
毎日塩を6~8グラム食べすべき

6、ちょっと味が薄い老人塩辛いもので、実は、塩を食べすぎる心臓、腎臓に増加が起きやすい負、血圧が高く。健康のために、高齢者の1段の毎日塩を6~8グラム食べすべき。
7。食事は腐って高齢者はよくあると歯が抜け、、咀嚼筋が弱くなり、消化液や消化酵素の分泌量が減少し、胃腸の消化機能が低下。それで、食事するソフトのいくつか、いくつかのぼろぼろになる。
8 .果物烈食べ各種の果物に豊富に含まれる水溶性ビタミンや金属の微量元素、これらの栄養の成分に維持体液のアルカリ度のバランスが大きく作用。は、健康を保つべき2食事の間に果物を食べ。

果物を食べ
果物を食べ

9 .食より暑い老人は寒さの抵抗力の差を食べる鳥を引き起こすことができることをいくらか寒い胃m管収98、供給が減少し、井戸を引き起こす反射犠牲他の血液循環量が減少し、健康によくありません。そのため、高齢者の食は少し暑いぐらい、食味食事を宜。
食べる時10 .ゆっくりある老人に慣れて、早食い食、不完全抵抗目が飲み込み続けて、もっと健康に対して不利。応語り掛ける、胃腸を促進員を軽減するために、消化。また、ゆっくり食べても生じやすい満腹感、食べ過ぎ防止、影の正午の体の健康