肉色発赤慎重に食用する

イギリスの科学者は発見して、毎日食べて一定量以上の赤身関節炎を発症するリスクが増加。赤身を指すのは色深紅の筋肉の部分。鶏モモ、牛、羊の肉は赤身が多く。赤身の色が主に筋繊維に含まれるミオグロビン。ミオグロビンと血液の赤血球に含まれるヘモグロビンと似ていて、は酸素分子結合の名手。決めた赤血球ヘモグロビン、甚だしきに至っては血の色。同様に、ミオグロビンが赤身の外観。研究報告によると、毎日食べ一两多赤身の人より2以内の人しか食べやすいの関節炎。関節炎を発症の原因は人体自身の免疫システムになって攻撃を自分の関節の組織や細胞による局部軟骨と柔らかい組織損傷。赤身かも助長免疫システム生成抗体、さらに激化誘発、関節の局部の炎症反応。

緑茶を飲みます、抗前立腺がん

アメリカ《がん研究』誌に発表文章によると、緑茶を飲むことを下げることができる前立腺がん発症。緑茶の中で豊富なのでポリフェノール(GTP)は、がん細胞増殖を抑える分子反応チェーンでは、それによってがん細胞分化の拡散阻止。同時にGTPは週囲を抑える癌腫血管組織の増殖して、それによってがん細胞を頼る切断生長の栄養供給。また、GTPが増加インスリン成長因子結合タンパク質の含有量。その卵白がクリア発ガン物質のひとつ、インスリン成長因子の含有量。かも知れない、緑茶は予防できるように他の発ガン、乳がん、肺がんや大腸がん。