体質によって違う果物食べる

すべての人の体の素質は同じなので、中医学は人体の分を正常な体質、貧血状態体質、阳虚体質、气虚体質、貧血体質、痰湿体質、蒸し暑い体質、うっ血体質、ガス鬱体質と特異性体質十種類、違う体質タイプの人は表現の生理と病理状態としても。読者の便宜のために見分ける目己の体質、私たちは簡単には人体の体質は虚性体質、実性体質、冷え性体質と熱性体質四大類。
虚:多く発生性の体質に老人、特に永の病や慢性疾患を抱える者よりも見え。虚性体質の人は、主の寸法やせて弱々しいやぶよぶよ、自覚精力不足、精神眠い、四肢疲れ肢無力で、声がか細い県から話を怠り、脈打つ無力。
実性体質:多くみられる靑壮者。実性体質の人の主な表現の形の太い筋肉、自覚、精力的、精神状態は興奮を主として、四肢たくましい力強く、声がよく響いて、会話が好き、脈打つ有力。
冷え性:多く発生虚弱体質の人。冷え性の人は、主に顔色が白で、手足が涼を温、寒さで体が自覚暖かい環境、ふだん着が正常人は多くまだ寒い口感、漏れなく、飲み水が少なく、冷たいものを食べることが好きでなくて、生や冷たい食品を食べる胃腸で気分が悪い、食用温かい食べ物も気持ちいい。

合理的な飲食の健康が一番大事な構造(二)

新鮮な果物や野菜
新鮮な果物や野菜

5、毎日少なくとも5枚新鮮な果物や野菜を食べる。賛成しないそれだけを食べてパイナップルのやり方。一つの量に相当する小さなリンゴあるいは一本ブロッコリー。

6、毎週3回魚、食べ方が魚油が豊富なサバなど。

7、酒と量が度。男性で毎週最大21単位(単位に相当する1杯の125亳リットル酒糖濃度は9%の酒)、女性は毎週14個単位でいい。

8 .毎日お茶を飲む、コーヒーやカフェインのソフトドリンク合計6杯以上。

お茶を飲む
                  お茶を飲む

9、少なく肉、牛肉羊肉など)、毎週最大2~3部食べ。

10 .できるだけで植物油とオリーブオイルの代わりに、バターや動物性脂肪。

一日三食、普通、高齢者が適切に少なく多く食。ご飯を食べないのは体の感じをバナジウムロシアのほか、健康にも亳無メリット。規則正しい食習慣は消化を助けると睡眠。体のような機械で、それは一般の機械を復雑と精妙が少ないが、それはただ機械は注意する。それは正常に運行すると長期的、それに燃料補給。