食後の飲茶弊害が多い

お茶に多く含まれているのタンニン酸やテオフィリン。タンニン酸胃腸に入った後、胃液の分泌を抑えると腸液、胃液と腸液は消化に欠かせない。タンニン酸またと肉、卵、大豆制品、乳制品などの食品の中の蛋白質が凝固作用、形成されにくい消化のタンニン酸アルブミン凝固物。タンパク質を多く食べて、目的のお茶が深くなり、この状況が深刻になって。大量のタンニン酸胃粘膜に強い刺激を引き起こし、胃の機能異常、消化不良。タンニン酸腸の粘膜を刺激したりして、それによって腸栄養物質の吸収。また、茶葉の中の鉄の吸収を抑えてフィリンは小腸作用。科学者の証明を実験によると、食後に飲むお茶杯のお茶を浸し15グラム、食品の中の吸収は50%下がり。
一部の人を見つけたからこそ食後1杯のお茶を持って人体の消化吸収に影響と食品の栄養の作用がありますので、それをしてダイエット美容の有効な方法。しかしこれも原因の胃腸の機能障害がと栄養不良など悪果の可能性。
私たちはまだよく見えるが、広東人は食前食後にお茶の習慣と各。食前の飲茶や食後に影響を与えるだけでなく飲茶と胃腸の食物の消化吸収、また、茶会刺激口の中の味覚細ほえる、味覚の淡水化、唾液の分泌を減少させるため寡味その後食。
今人々は酒後泡茶、これは脂肪肝の予防に役立たない。お茶に多く含まれるタンニン酸と蛋白質の合成を集めて性のタンニン酸タンパク質を持って、この蛋白質を腸の蠕動運動が低下して、便秘をもたらしやすくて、増加有毒物質は肝臓の毒作用を引き起こし、脂肪肝。正しい方法は食事の後で1時間は更にお茶を飲む。