飲茶はあっさりのほうがいい

茶器がコレステロール、抗血栓、殺す菌、汚染防止などの一連の保健の作用。しかしよく濃いお茶を飲むのは体によくない。
1 .よく飲んで濃いお茶は、骨粗しょう症の原因の一つである。原因は主に茶葉にはカフェインが多く含まれているのが、カフェインを排泄尿カルシウムは、骨にカルシウム流失。
2 .よく濃いお茶を飲む貧血を起こしやすい。現代医学は研究し発見して、茶葉の中のタンニン酸と三価の鉄形成不溶性瀋殿影響した鉄の体内での吸収、特に食後のお茶を飲んで、食品の中の鉄は、吸収されやすくて排出し、貧血。
3 .よく濃いお茶を飲む多種の栄養素を流出させる。過剰栄養専門家は発見して、濃いお茶を飲んで尿量を増加、マグネシウムやカリウム、ビタミンBなどの重要な栄養素が経つにつれて、そして高齢者も増加して過度に濃いお茶を飲んで心臓の負荷。
4 .大量濃いお茶を飲む特に新茶による酔茶。新茶のカフェイン、活性のアルカロイドとさまざまな香りで使い易い物含有量が高く、人の神経が興奮して、神経衰弱、心の脳血管病の患者は非常に不利。
あっさりお茶は茶の保健の作用を十分に発揮する、濃いお茶を飲む帯を減らすことができる採の不良反応、したがって、飲茶宜あっさり。
酒のアルコール成分が、心臓血管の刺激性はとても大きくて、濃茶同様、興奮して心臓の役割。飲酒濃いお茶を飲んで、心臓に刺激をもっと増やして、心臓の機能がよく人より不利。
一日いくら塩は補
塩は調味料は、人体に必要な栄養素。体内の酸っぱい塩基の平衡を調節することができる、それは人類の生存と密接に関連して。
水は体の内では単独の存在できないなら、電解質やタンパク質と結合形成溶液が体内で殘って、塩は人体の内にの主な1種の電解質。人体を維持するための組織細ほえる正常の浸透圧、体を維持する運動に必要な水分を維持するために、同時に人の体内の酸っぱい塩基の平衡、塩分をどんどん吸収。感応性を維持するためには、神経の筋肉の収縮性及び腺の分泌も、ある程度の塩。そのため、などの長期の塩を引き起こすことが少なすぎて、低血圧、疲労感、倦怠感、食欲減退等生理反応。もし大量に汗が出て、嘔吐して、下痢、体内で塩分の損失は多すぎない補足タイムリーになる脱水、筋肉痛、命の危険をひいて経学。
塩も多く食べではいけません、さもなくばによる一連の病気。食塩中のナトリウムは心臓病、高血圧などの血管病の主な誘発源で、過度に撮塩が起こる心臓病、脳卒中、腎不全。特に腎炎、肝旺疾患者、糸球体濾過機能に障害がある、過剰な塩排出が悪く、体内に蓄積が多すぎて、水腫を強めるよう、腎臓の負担。高齢者より多すぎるべきでなくて、赤ちゃんの食塩。塩の食8標準測定によると科学の正常な情況の下で、一人は毎日食べ物から得た食塩コントロールすべき6グラム以下、最大10グラムを上回るべきでないことを。