食べる物に注意する

夏の常に食べる鴨のぼせない
夏季の天気はひどく暑くて、湿気に加えて、人体の新陳代謝は旺盛で、体力消耗が大きくて、多くの人が現れる。夏バテ。の症状と、全身倦怠感があり、食欲不振、精神うつ。たくさん食べが滋養補給作用を果たすことができるものとして、益の息養陰、体質を増強作用にとっては、「夏バテ解消」。
夏の蛋白質の供給増加しなければならない事情を考慮して、毎日の摂取量はひゃくグラム~120 gを宜。植物の卵白が豆製品を得るから、動物性たんぱくは乳製品のほかに、適切にいくつかの肉を食べなければならない。現代医学の話では、夏のタンパク質を補完するための最良の選択を鴨肉は、過度の消耗の栄養を補充することができる、またを解消できる暑さが人体に与えるの不調。鴨肉の味の甘、性は肌寒い滋陰健胃、肺を潤すことを持って、補血、利水腫れの効能に用いることができる血晕頭痛、不眠、肺熱陰液が不足して咳、腎炎水腫、小便が悪く、微熱など症。鴨と鶏肉は肌寒い肉食鶏鴨肉より、それよりもっと。だから、夏食べる鴨は比較的に良い補充蛋白質。
夏に食べる鴨囫最高炖食が、できるだけ少なくてこれらの辛い調味料にサンショウ、唐辛子。ゴーヤと冬瓜をいくつか一緒に調理。伝統の養生学は、ゴーヤと冬瓜性質偏寒い、熱を下げて、暑気を払って、利尿作用。

熱性と冷たい体質

熱性体質:多く発生体質の偏るの太い人。熱的体質の人は、主に顔色が赤くて、手足の温もりは発熱して、体を温めてわざと冷たく自覚が好きな環境、ふだん着が正常人は少ないものの、かっかとして、喉が渇いて直飲用水を食べるのが好き、飲み物、食用生も後胃腸気分が悪いため食用温かい食べ物で気分が悪い。
中医学による「虚はを補って、実は潟」、「寒は熱の、熱は冷たい」の理論、違う体質の人と違って眠く養生保健方法を採用するべき。伝統食養生学によると、食べ物に分けることができます寒い温かい平五種類の性質によって、体質の人に自分の体質状況が異なる果物。私たちは四類を体質の人をまとめてびくびくして冷たい体質と本当の熱体質の両の大きい種類、それぞれ違う推薦適用体質の果物。
びくびくして冷たい体質の人は選択は温平性質の果物、杏子、桃、ナツメ、リュウガン、レイシ、パパイヤ、チェリー、ザクロ、ウメの実、スモモ、イチジク、ブドウ、レモン、オリーブなど。いくつかの利点を持って紹介血気の効果の果物。
本当の熱体質の人を持って寒い性質の果物は、例えばクログワイ、サトウキビ、柿、バナナ、柚子、キウイ、オレンジ、オレンジ、ミカン、リンゴ、梨、ビワ、マンゴー、羅漢果など。

体質によって違う果物食べる

すべての人の体の素質は同じなので、中医学は人体の分を正常な体質、貧血状態体質、阳虚体質、气虚体質、貧血体質、痰湿体質、蒸し暑い体質、うっ血体質、ガス鬱体質と特異性体質十種類、違う体質タイプの人は表現の生理と病理状態としても。読者の便宜のために見分ける目己の体質、私たちは簡単には人体の体質は虚性体質、実性体質、冷え性体質と熱性体質四大類。
虚:多く発生性の体質に老人、特に永の病や慢性疾患を抱える者よりも見え。虚性体質の人は、主の寸法やせて弱々しいやぶよぶよ、自覚精力不足、精神眠い、四肢疲れ肢無力で、声がか細い県から話を怠り、脈打つ無力。
実性体質:多くみられる靑壮者。実性体質の人の主な表現の形の太い筋肉、自覚、精力的、精神状態は興奮を主として、四肢たくましい力強く、声がよく響いて、会話が好き、脈打つ有力。
冷え性:多く発生虚弱体質の人。冷え性の人は、主に顔色が白で、手足が涼を温、寒さで体が自覚暖かい環境、ふだん着が正常人は多くまだ寒い口感、漏れなく、飲み水が少なく、冷たいものを食べることが好きでなくて、生や冷たい食品を食べる胃腸で気分が悪い、食用温かい食べ物も気持ちいい。