肉色発赤慎重に食用する

イギリスの科学者は発見して、毎日食べて一定量以上の赤身関節炎を発症するリスクが増加。赤身を指すのは色深紅の筋肉の部分。鶏モモ、牛、羊の肉は赤身が多く。赤身の色が主に筋繊維に含まれるミオグロビン。ミオグロビンと血液の赤血球に含まれるヘモグロビンと似ていて、は酸素分子結合の名手。決めた赤血球ヘモグロビン、甚だしきに至っては血の色。同様に、ミオグロビンが赤身の外観。研究報告によると、毎日食べ一两多赤身の人より2以内の人しか食べやすいの関節炎。関節炎を発症の原因は人体自身の免疫システムになって攻撃を自分の関節の組織や細胞による局部軟骨と柔らかい組織損傷。赤身かも助長免疫システム生成抗体、さらに激化誘発、関節の局部の炎症反応。

緑茶を飲みます、抗前立腺がん

アメリカ《がん研究』誌に発表文章によると、緑茶を飲むことを下げることができる前立腺がん発症。緑茶の中で豊富なのでポリフェノール(GTP)は、がん細胞増殖を抑える分子反応チェーンでは、それによってがん細胞分化の拡散阻止。同時にGTPは週囲を抑える癌腫血管組織の増殖して、それによってがん細胞を頼る切断生長の栄養供給。また、GTPが増加インスリン成長因子結合タンパク質の含有量。その卵白がクリア発ガン物質のひとつ、インスリン成長因子の含有量。かも知れない、緑茶は予防できるように他の発ガン、乳がん、肺がんや大腸がん。

殘りの料理を持ち帰りに慎重する

野菜の荷造りを持って帰ってないほうがいい。も野菜に持ち帰り、時々なくないいくつかの家に持ち帰り。茹でた野菜を高温で長い時間で保管して、色々な緑黄色野菜も問わず量の硝酸食塩を含む。
野菜は摘み取り、運輸、保管、調理の過程の中で、くわえた硝酸塩細菌に還元される毒の亜硝酸塩、特に一晩の野菜、亜硝酸塩の含有量が高いのは、加熱後、毒性が強くなります。だから、確実な方法は、野菜で荷造りを持って帰って。
デンプン類食品最大4つの小叫保存。梱包てでんぷん種類の食品に富んでいくつかのように、もちなど、味が変わる場合の食用後も不良反応を引き起こすかもしれません。原因はそれらのブドウ球菌に寄生されやすくて、これらの細菌毒素は高温では解決できない問題を分解、変質。だから、これらの食品はベスト4時間以内に完食。たとえ外観からは腐敗しないも食べられない。だから、がために帰ってきて食べ物を省き、梱包で1種のスープご飯に食べ方を丸ごと飲み込んで来月\心に影響を与えるあなたの消化機能による胃病。
梱包食べ物の心得:
1 .和え物など、調理後は置いといて、適さないパッケージ。
2 .梱包後料理に迅速に冷蔵庫を入れて、直ちに食用、切っても長く。
3 .冷蔵庫の中に置かれた熟食品を取り出した後煮返すなければならないように、加熱し、食後性のある病原。

食後の飲茶弊害が多い

お茶に多く含まれているのタンニン酸やテオフィリン。タンニン酸胃腸に入った後、胃液の分泌を抑えると腸液、胃液と腸液は消化に欠かせない。タンニン酸またと肉、卵、大豆制品、乳制品などの食品の中の蛋白質が凝固作用、形成されにくい消化のタンニン酸アルブミン凝固物。タンパク質を多く食べて、目的のお茶が深くなり、この状況が深刻になって。大量のタンニン酸胃粘膜に強い刺激を引き起こし、胃の機能異常、消化不良。タンニン酸腸の粘膜を刺激したりして、それによって腸栄養物質の吸収。また、茶葉の中の鉄の吸収を抑えてフィリンは小腸作用。科学者の証明を実験によると、食後に飲むお茶杯のお茶を浸し15グラム、食品の中の吸収は50%下がり。
一部の人を見つけたからこそ食後1杯のお茶を持って人体の消化吸収に影響と食品の栄養の作用がありますので、それをしてダイエット美容の有効な方法。しかしこれも原因の胃腸の機能障害がと栄養不良など悪果の可能性。
私たちはまだよく見えるが、広東人は食前食後にお茶の習慣と各。食前の飲茶や食後に影響を与えるだけでなく飲茶と胃腸の食物の消化吸収、また、茶会刺激口の中の味覚細ほえる、味覚の淡水化、唾液の分泌を減少させるため寡味その後食。
今人々は酒後泡茶、これは脂肪肝の予防に役立たない。お茶に多く含まれるタンニン酸と蛋白質の合成を集めて性のタンニン酸タンパク質を持って、この蛋白質を腸の蠕動運動が低下して、便秘をもたらしやすくて、増加有毒物質は肝臓の毒作用を引き起こし、脂肪肝。正しい方法は食事の後で1時間は更にお茶を飲む。

食事の前に水を飲んで吸収を助ける

もちろん、飲用水を飲むときにいつでも、喉が渇いてよくしか喉の渇き、役に立たなかった。有効な飲用水方法は空腹の時に、飲用水が消化管から直接に流通、体に吸収されて。満腹になって、水の健康への果たす役割をよりも、空腹の飲用水。
食事の前に空腹の水を飲んでは、朝、昼、夜の食事前に約1時間、一定量の水を飲むべき。だって、食物の消化で消化器官の消化液を完成しました。消化液の唾液、胃液、胆汁、すい臓液、腸液)毎日分泌の総量は8000 ml程度。食前に空腹の水を飲んで、水は胃内にとどまって二三分、急速に入って小腸で吸収され、血液に入り、1時間程度を補充することができて、全身の細胞組織、体内の水の供給が必要。
だから、食事の前には水だけを保証することができて、分泌必要十分な消化液、食欲を促進し、消化吸収を助けることができて、同時にまた影響しない組織細胞中の生理の含水量。
だから、食前に水分を補充するのがとても重要な。特に朝食前のため、一晩睡眠時間は長く、人体の損失、水分の多い、朝目が覚めて、空腹は人体の水分補足タイムリーに水の流出。
空腹水宜ぬるめのお湯でも、あっさりした飲み物を飲むことができて、もしジュース、薄茶、野菜ジュースなど。牛乳、豆乳、卵などの食品を食べるべきでない空腹時、に置くべきです食事や食事の後に食べる。暑くて汗を考慮するべき増加量は、大量に汗が出た後いくつかのきわめて薄い塩水を補充するべき。もし食事の前で、食事時に適量の水分を補給しないとき、食後胃液分泌体液大量、木、喉が渇いて勢いを引き起こす。この時は水を飲んで、が薄め胃液に影響を消化し、また、水を飲みすぎて心臓と腎臓の負担を増加。
本当に効き目がある方法の飲用水とは、一気に(もしくは一回)は全体の杯の水(2001250ミリリットル)飲んではなく、飲み放題2口はまあ、それを真吸収体が飲んで入の水。もちろん、いわゆる一回、水も必ずしも一気飲み。しかしただ気軽に同2口が渇きをいやして、体に対しては間違いない

飲茶はあっさりのほうがいい

茶器がコレステロール、抗血栓、殺す菌、汚染防止などの一連の保健の作用。しかしよく濃いお茶を飲むのは体によくない。
1 .よく飲んで濃いお茶は、骨粗しょう症の原因の一つである。原因は主に茶葉にはカフェインが多く含まれているのが、カフェインを排泄尿カルシウムは、骨にカルシウム流失。
2 .よく濃いお茶を飲む貧血を起こしやすい。現代医学は研究し発見して、茶葉の中のタンニン酸と三価の鉄形成不溶性瀋殿影響した鉄の体内での吸収、特に食後のお茶を飲んで、食品の中の鉄は、吸収されやすくて排出し、貧血。
3 .よく濃いお茶を飲む多種の栄養素を流出させる。過剰栄養専門家は発見して、濃いお茶を飲んで尿量を増加、マグネシウムやカリウム、ビタミンBなどの重要な栄養素が経つにつれて、そして高齢者も増加して過度に濃いお茶を飲んで心臓の負荷。
4 .大量濃いお茶を飲む特に新茶による酔茶。新茶のカフェイン、活性のアルカロイドとさまざまな香りで使い易い物含有量が高く、人の神経が興奮して、神経衰弱、心の脳血管病の患者は非常に不利。
あっさりお茶は茶の保健の作用を十分に発揮する、濃いお茶を飲む帯を減らすことができる採の不良反応、したがって、飲茶宜あっさり。
酒のアルコール成分が、心臓血管の刺激性はとても大きくて、濃茶同様、興奮して心臓の役割。飲酒濃いお茶を飲んで、心臓に刺激をもっと増やして、心臓の機能がよく人より不利。
一日いくら塩は補
塩は調味料は、人体に必要な栄養素。体内の酸っぱい塩基の平衡を調節することができる、それは人類の生存と密接に関連して。
水は体の内では単独の存在できないなら、電解質やタンパク質と結合形成溶液が体内で殘って、塩は人体の内にの主な1種の電解質。人体を維持するための組織細ほえる正常の浸透圧、体を維持する運動に必要な水分を維持するために、同時に人の体内の酸っぱい塩基の平衡、塩分をどんどん吸収。感応性を維持するためには、神経の筋肉の収縮性及び腺の分泌も、ある程度の塩。そのため、などの長期の塩を引き起こすことが少なすぎて、低血圧、疲労感、倦怠感、食欲減退等生理反応。もし大量に汗が出て、嘔吐して、下痢、体内で塩分の損失は多すぎない補足タイムリーになる脱水、筋肉痛、命の危険をひいて経学。
塩も多く食べではいけません、さもなくばによる一連の病気。食塩中のナトリウムは心臓病、高血圧などの血管病の主な誘発源で、過度に撮塩が起こる心臓病、脳卒中、腎不全。特に腎炎、肝旺疾患者、糸球体濾過機能に障害がある、過剰な塩排出が悪く、体内に蓄積が多すぎて、水腫を強めるよう、腎臓の負担。高齢者より多すぎるべきでなくて、赤ちゃんの食塩。塩の食8標準測定によると科学の正常な情況の下で、一人は毎日食べ物から得た食塩コントロールすべき6グラム以下、最大10グラムを上回るべきでないことを。

雑食では健康によい

人体に必要な栄養素はいろいろあるが、もしならば雑食で、難しい「栄養素がそろっているので、雑食」は必要だが、この方面で私たちの先祖は私たちが提供した豊富な経験は、すなわち『黄帝内経』を飼って、指摘の五穀五畜産を益、五果を助、5料理を充。
五穀を飼って1。
“五穀を養う」、すなわち雑食五穀、精粗組み合わせ。穀類、米、アワ、大麦、\麦、オート麦、トウモロコシ、コウリャンなど。雑穀も含めて豆。ダイズの植物の肉、緑の乳牛などの美称、大豆製品は主に豆腐、豆乳、もやし、きな粉など、黒豆の黒食品として現在人気、緑豆、インゲンやササゲ、エンドウ、そら豆などがその長所も。白米を食べる時、小麦粉、組み合わせの食用トウモロコシ、サツマイモ、ダイズなどの雑穀だけでなく、獲得した栄養素を全面的で、しかも栄養と相補的な作用を果たすことができて、食べ物の栄養価値を高める。
2 . 5の畜産を益
五畜産もとらわれない5種類の家畜、鶏やアヒル、魚、兎、豚、羊、牛や乳、卵、水産類を含む(魚、爬虫類――豋ておき、亀、甲殻類、エビ、カニ、海産物類――ナマコ、クラゲ、イガイや淡水軟体動物――ドブガイ、田巻き貝など)など様々な動物性食品も帰属五畜産など。動物性食品の栄養を補給する機能、その利点の作用は表現して多種の栄養の成分を含む。特に重要なのは人体の必要を含む大屋の第一の栄養素——蛋白質。たんぱく質は人体の様々な臓器や組織、細胞の最も重要な材料で、人体の固形成分で、タンパク質の半分、タンパク質は生命ビルの主な建築材料にも、生命現象の主な体現者。
3 . 5果を助ける
果物が台助五穀、「五畜』ことによって、全面的な栄養にしたい、補助の役割。食用する果物の主な目的はほかの三類の栄養素を補充して、即ち水、ビタミンと微量元素。そしてすべての果物はビタミンC、中には赤いナツメ、夏蜜柑やみかんなどの含有量がかなり豊富なので、果物は人体をビタミンCの重要な情報源。
4 . 5料理を充
と全面的な栄養を獲得し、穀、肉、果まったく解決できて問題。また必ず食野菜。現代の多くの人が「(光野菜副食)、食事をしないで「(主食)は間違って、光の肉、野菜を食べないのもいや。五料理もに限らず、5種類の野菜ではなく、多彩なすべての野菜を指す。
水分の多い野菜の特徴は、ビタミンが多く、特にセルロースは多くて、これは果物が間に合わないので、代わりには野菜を食べる果物を食べる。野菜のビタミン、ビタミンCを大切にし、五穀、五畜産提供することができるだけ他のビタミン、ビタミンCの多くを提供できないし、すべての野菜はビタミンC、ある含有量はかなり豊かに、例えば唐辛子、トマト、レタスや大根など、かなりあると果物、野菜、果物を食べるが基。