沖縄本島人長寿の食案(二)

まず、沖縄の古い寿老人たちのエネルギー量が30%も西洋人。彼らのほとんどにデブ、ありますただ筋肉。第二に、彼らの平均毎日食べて、7分の新鮮な果物、野菜、少なくない数のご飯と魚。第三、少なく食べ肉や乳製品、塩の摂取量も少ない、毎日1スプーン。主な食品にんにく、生姜、たまねぎ、トマト、魚や大豆、これらのものはすべて含まフラボノイドと酸化防止剤。まさにこれらの食物は、効果的に低下した心臓疾患や癌罹患軍、これらのものは私たちが普段の食品の中ではあまり見ない。
単は保証できない食べ物長寿。健康な飲食の外を除いて、まだ適度で安定した身体を鍛える計画は、主に武術、座禪と軽く圧力の種まきをするのに運動して、たとえば伸びやか伸びやか肢体、深呼吸、友達と一緒にチャット談笑。
今、私たちはほとんどない急いで駆けつけたスーパーの健康のために、いっぱい変なお茶の味を買い戻しと太極拳のディスク。本当に健康で長生きしたいが生きていた人も、いくつかの原則を守らなければならない。その一つは、西洋料理は体に対して売って無益。もう一つは、ある健康食品だけを強調して、効果があまりない。強健な体も冷静な心、健康に責任ある態度や、親友の支持。これらは医者の薬万にも見つからない。
また、近代的な栄養学によって、高齢者を含むを食べると核酸の食べ物が比較的有効に阻止する老化、老衰して、よくある食べ物戸田たけのこ、きのこ、ほうれん草、カリフラワー、セロリなどの野菜やレンギョ、に同じ魚、いわし、エビや動物の肝臓など。
伝統的な抗老化の食品があって、クルミ、黒ゴマ、松の実、沙棘、クワの実、イチジク、蓮子、オニバスの実、ナツメ、キウイ、桂园、ライチ、杏、アーモンド、クロキクラゲ、黒もち米、キノコ、ニンジン、随分鴉やウズラの卵、蜂蜜、ダイズ、落花生、海参など。人々はよくこの種類の食品が長生きする作用の漢方薬と組み合わせて、変調後して。