体質によって違う果物食べる

すべての人の体の素質は同じなので、中医学は人体の分を正常な体質、貧血状態体質、阳虚体質、气虚体質、貧血体質、痰湿体質、蒸し暑い体質、うっ血体質、ガス鬱体質と特異性体質十種類、違う体質タイプの人は表現の生理と病理状態としても。読者の便宜のために見分ける目己の体質、私たちは簡単には人体の体質は虚性体質、実性体質、冷え性体質と熱性体質四大類。
虚:多く発生性の体質に老人、特に永の病や慢性疾患を抱える者よりも見え。虚性体質の人は、主の寸法やせて弱々しいやぶよぶよ、自覚精力不足、精神眠い、四肢疲れ肢無力で、声がか細い県から話を怠り、脈打つ無力。
実性体質:多くみられる靑壮者。実性体質の人の主な表現の形の太い筋肉、自覚、精力的、精神状態は興奮を主として、四肢たくましい力強く、声がよく響いて、会話が好き、脈打つ有力。
冷え性:多く発生虚弱体質の人。冷え性の人は、主に顔色が白で、手足が涼を温、寒さで体が自覚暖かい環境、ふだん着が正常人は多くまだ寒い口感、漏れなく、飲み水が少なく、冷たいものを食べることが好きでなくて、生や冷たい食品を食べる胃腸で気分が悪い、食用温かい食べ物も気持ちいい。